省エネで住みやすい家

2013年9月

上益城郡 T様



 アーデルハウスの城南モデルで最初にソーラーサーキット体験して、体感温度が快適だったのがきっかけです。省エネで住みやすいところに惹かれて、ソーラーサーキットの家を建てようと思いました。

 外気の影響を受けにくく、エアコンの効きも非常に早いところに住み心地の良さを感じます。特に夏場、帰宅したときにムッとした熱風を浴びなくなりました。エアコンも設定温度が省エネの方に変わり、低出力のもので済むようになりました。使用頻度も以前に比べると減りました。冬場のユニデールは、朝晩の冷え込みがほとんど感じられないので、朝起きてからの着替えも楽です。厚手の羽毛布団がいらないほど暖かいので快適です。おかげで、家が広くなったのに光熱費は、安くなりました。

 また、以前の家は、床にカビが生えたりして、ケアが大変でしたが、ソーラーサーキットの家では、結露が殆どないので、家具、家屋が傷みにくく、家財を窓際に置くことに抵抗がなくなりました。