玉名温度・温度差グラフ(5月)

2020年6月





コロナ不安の中で3ヶ月過ぎましたが、季節は順調に初夏真っ盛り。

そろそろ梅雨の話題も出てきました。

5月は暖かい時は、涼しい外気を取り入れたりして過ごしました。

まだ、蚊も少ない時期で、網戸を開けることもできました。

これも梅雨時までかと思うと残念です。

でも、この時期を含めて一年ですから、仕方ありませんね。

とにかく、今年は春先からあまり外出しませんでした。

都市部に比べたらその比ではありませんが、それなりに家での生活が多かったように思います。

お陰様で室内はだいたい24~27℃の間を推移し、ほぼ24~25℃で日々を快適に過ごさせていただき、

ありがたいと思っています。

まあ、あんまり温度を気にせずに済んでいます。(M様より)

玉名温度・温度差グラフ(4月)

2020年5月





こちらはまだ、都会に比べて緊張感がゆるい環境にありますが、

心して、身の安全・家族の安全に留意しております。

さて、4月も暖かい日々で、日に日に暖かく、そして汗ばむ日もありました。

当然クレダはoffになっています。

暖かいといっても、屋外の最低温度が10度を切ることもあり、エアコンの助けはまだ必要なようです。

ただ、保温に優れた家であるがゆえ、このところ、エアコンもあんまり動いていないようです。

でも、このままにしています。

次の寒さがくる季節までは、できるだけ外の空気を入れたりして過ごします。

幸い外の環境は、ヤブ蚊以外は安心できますので・・・・。(M様より)

玉名温度・温度差グラフ(3月)

2020年4月





今年の3月は、やはり過去にくらべて、結構暖かい月となりました。

心配していた戻り寒もなく、あっけなく4月になってしまいました。

今日などは日中、窓を開けて換気をしても、さほど気にならない爽やかな日でした。

外も桜が散り始め、木々の新芽が目立ってきています。

ただ、また、いつ冷えた明け方があるかもしれないと、クレダはまだ軽く運転しています。

エアコンもほとんど動いていないようです。

でも、時折暖かい風をおこしているのに気づくこともあります。まあ3月でしたからね。

お陰様で、こんな状態で体調も崩すことなく、冬も乗り切ったように思います。

熊本市もコロナウィルス感染者が増えていますが、どうかご用心されて過ごされて下さい。

玉名も1件だけありましたので安心とはいえません。

買い物は、マスクなどで用心しています。(M様より)

玉名温度・温度差グラフ(2月)

2020年3月





私達もおかげさまで、2月とは思えないような気候に喜んでいます。確かに温暖化の現象ですね。

2018年の2月の温度と比較したところ、月の最高温度が15度がせいぜいで20度に達することは、

なかったようですし、最低温度もほとんど零下でした。このまま温暖化が進んでいくのでしょうね。

年寄りには冬の暖かさはありがたいのですが・・・・・いろいろ問題もあるようで複雑な思いです。

我が家のさくらんぼは、もう花を一、二輪咲かせています。(M様より)

玉名温度・温度差グラフ(1月)

2020年2月





今年も気温の乱高下で始まりましたが、

なんとなく、やはり温暖化なのかなと思われるような月を過ごしました。

しかし、時たま、冷える朝もあり、そら豆の霜対策を施していて良かったと思う日もあります。

この外の気温の差は、農作物には怖い気象でもあります。

ドーンと冷えたりすると、野菜によっては命取りになるようです。

人間も老化すると、こんな感じになるのかもしれませんね。

やはり、守ってくれる家の存在はありがたいもので、

一日中、そして季節を通してほぼ一定の温度が保たれている場所に感謝です。

この1月も外の温度乱高下の中、おかげさまで室内は快適な温度の中で過ごさせていただいています。

家中がこんな状態でヒートショックなど起きようのない設計にして頂いて感謝しています。(M様より)