近見の家(季節の変化)

2013年3月



 

グラフは、昨年2012年4月28日の「近見の家」体感モデルハウスの温度推移の様子です。この日は、天気がよく、熊本気象台の温度計で、最高気温が26.4度、最低気温が11.3度を記録した日です。実に温度差が、15度もある寒暖の差が激しい一日となりました。春うららかな陽気ですが、この温度差で、体調を崩してしまう方も多いはずです。ソーラーサーキット工法の「近見の家」体感モデルハウスでは、リビングの温度推移が、外気の温度差とは違い、20~23度ほどの間を緩やかに推移しています。この緩やかな曲線を描くのがソーラーサーキットの特徴です。「外断熱・二重通気工法(ソーラーサーキット)」の家で、温度差の少ない暮らしはじめてみませんか。