光の森の家 温度・湿度グラフ(9月)

2013年10月



 



 

8月の猛暑の続きから後半は夜間涼しくなってきました。室内の環境調整もエアコンから小屋裏換気扇と窓の開閉に切り替わっていく時期です。室内の安定もあってか?、リビングのセンサの電池切れに気がつくのが遅れてしまいました。(F様より)

玉名の家 温度・温度差グラフ(9月)

2013年10月



 



 

9月に入り、朝方はもうだいぶ涼しくて気持ちの良い空気を感じることができるようになりました。日中はまだ暑い日もあったのですが、一頃の暑さはもうないようです。我が家もこのところ、ほとんどエアコンなしで過ごせるようになっています。窓も開けて普通の家として使っています。9月末には、寒く感じることもありましたので、遠からずこの家の真価が発揮される時期がくると思われます。しばらくは窓を開けて秋を楽しみたいと思います。(M様より)

梅雨もジメジメ感が少ない家

2013年10月

合志市 M様 



 親戚の家がアーデルハウスで建てており、アーデルで建てるなら、「ソーラーサーキットの家」にしたいと思っていました。

 私達は、梅雨に入る6月から住み始めたのですが、前のアパート生活に比べると、空気がジメジメしておらず、澄んでいる感じがしました。除湿をかけると更にサラッとし、エアコンもよく効きます。床を雑巾がけしてもすぐにサラサラな状態です。とても住み心地が良いです。

 夏、エアコンは使いますが、使う頻度は確実に減りました。以前のアパート生活に比べ、光熱費は随分安くなりました。(電気+ガス⇒オール電化へ)冬は、まだ経験していませんが、今のところ結露はありません。冬が来るのが楽しみです。

家の中がポカポカ

2013年10月

上益城郡 M様



 妻の実家がソーラーサーキットの家だったため、妻のお父さんから紹介を受けました。

 帰宅した際は、暑くも寒くもなく、丁度良い環境です。エアコンを使用する頻度は以前とあまり変わりませんが、効き具合は良いと感じます。冬場、目覚めたときは、家の中がポカポカしていますので、エアコンなしでも着替えるのは楽です。ユニデールという蓄熱式電気暖房器を使用しており、快適性を感じています。