玉名の家 温度・温度差グラフ(11月)

2014年12月



 



 
お陰様で快適な11月を過ごさせていただきました。いつの間にかアーデルハウスの
この家に住み慣れてきて、以前の家の温度変化の厳しい生活を忘れかかっています。
外がどうであろうと、家に居さえすれば安心できる環境はありがたいものです。慣れて
きたので、いつも思っているわけではありませんが、ふっと、そう考えることがありま
す。今年も、あとひと月ですが、外は冬になりますが、春まで安心して過ごせそうです。
このところ、クレダは軽く運転中。1階の増設した妻の母の居室(一部外断熱構造から
外れた場所)は、エアコンで暖房しています。20~25℃の間で推移しており、快
適です。晴れた日は、クレダの放熱を最小限に絞ります。ダンパーは、本日2~3か所

以外は閉めました。天候によってはまた開けますが・・・。(M様より)

玉名の家 温度・温度差グラフ(10月)

2014年11月



 



 

寒暖の差が激しい10月でしたが、お陰様でなんとか乗り切ることができました。
さすがに月末の3日ほどはクレダを一時的に軽く運転しましたが、現在は気温も
いつも通りになり、停止しています。季節の変わり目は慣れない温度に体も戸惑う
ようですが、この家に来てからずいぶんと楽になりました。ありがたいことです。(M様より)

光の森の家 温度・湿度グラフ(9月)

2014年10月

 



 

 

 

 

だんだん涼しくなり、エアコンを止め窓を開けて風を取り込むことが多くなってきました。この時期は断熱により昼間の室温を夜間まで保温するため、外気も涼しい夜間の換気が有効です。小屋裏換気扇を稼働すると、より効率的に外気を取り込むことができます。(F様より)

玉名の家 温度・温度差グラフ(9月)

2014年10月



 



 

この時期になると、室内最高温度も気にならなくなり、エアコンは休ませていますが、最低温度も25℃付近で安定しており、快適です。 (M様より)

光の森の家 温度・湿度グラフ(8月)

2014年9月



 



 

雨が非常に多い8月で窓を開ける機会が少なかったのですが、室内の方は湿度の調整ふくめエアコンの力も借り快適に過ごすことができました。
我が家では、リビングに設置している1台で夏の空調をまかなっていますが、2F窓のサンシェードとシーリングファンやドア・扉の解放により家中温度差少なく、ほぼ同じ環境にすることができます。これから秋にかけて、エアコンから風にバトンタッチしていきます。(F様より)