外断熱・二重通気工法

ソーラーサーキットの家で夏の暮らし。

九州・熊本の夏は、特に高温多湿で過ごしにくいという言葉をよく耳にします。人と同じように、建物も日射による熱を沢山浴びて吸収していますが、建物は暑いからといって日陰に隠れるわけにはいきません。この熱が壁の中にこもってしまったら、どうなるでしょうか。その熱は、室内側へ伝わってきます。エアコンを入れても、中々冷えない。というような現象がまさにそうです。

夏は、空気の流れをつくる。これで涼しさを感じることができます。
壁の中にこもった熱をスーっと抜いてあげましょう。この機能を持つのが、ソーラーサーキットです。具体的には、SC床下ダンパーを開放し、SC小屋裏ファンを運転させることにより、躯体内の通気が確保され、開放された空間を作り出します。インナーサーキット内は、地熱利用した冷気と排熱効果により自然な風の流れが生まれます。

二つの通気層(ダブルサーキット)で室内環境をゆるやかに調整。寝苦しい夏の夜も、じめじめした梅雨の日もさらっと快適。

ソーラーサーキット住宅では、二重の通気構造をもつダブルサーキット方式を採用。アウターサーキット(外側の通気層)は、通常外気に対して開放されており、排湿・排熱の役目を、インナーサーキット(内側の通気層)は冬には暖気の伝達、夏には排熱・排湿及び冷気の通風の役目を果たしており、年間を通して住む人にやさしい快適な住環境を提供します。

ソーラーサーキットの家で冬の暮らし。

熊本の冬は、突然やってきます。「秋の例大祭」が終わると、急に寒くなります。こないだまで夏だったのに。という言葉、聞く度にウンウンとうなずけます。

ソーラーサーキットの家を冬服で表すと、足から頭まですっぽりと温かいコートを羽織っているような状態。もし穴が開いていると、そこからピューっと冷たい風が入ってきて不快です。せっかく断熱性の高いコートを羽織っていても台無しです。この隙間を建物内でも無くすことが、断熱性能にとって重要なのです。この性能を高気密と言います。冬は、SC床下ダンパーを閉鎖し、SC小屋裏ファンの運転を停止させることにより、躯体内の通気は閉じられ、完全に閉鎖された空間を作ります。その為、冷気はアウターサーキットを通って再び外気へ逃がされ、閉じ込められた暖気は、インナーサーキットにより家全体に配熱されます。

屋根・壁・基礎をすっぽり包む。ソーラーサーキットの「外断熱」。

外断熱は、基礎から壁、屋根の上まで、断熱材ですっぽりと覆うことで、家全体を断熱する工法です。気密性も高いため家全体があたためられ、居室だけでなく小屋裏や床下まで有効に使うことができます。

例えば、家中がリビングのあたたかさで包まれる、といったイメージです。
また、支持されるもうひとつのポイントは、結露が発生しにくいということ。室内や壁内の温度差が少ないため、躯体劣化の原因となる結露が発生しにくく、家の長寿命化に貢献します。

壁断熱材工程

  • ①インナーサーキットの外側に、外壁の下地となるバス板を施工します。

  • ②断熱材の押出法ポリスチレンフォーム(3種)をバス板の上に施工していきます。

  • ③断熱材を壁全面に隙間なく施工していきます。

  • ④断熱材を貼り終えたら、貼り合わせた部分に黒い気密テープを貼り、気密を確保します。

  • ⑤通気胴縁を縦に施工し、アウターサーキットを確保します。その上から、透湿防水シートをかぶせます。

  • ⑥最後に、化粧となる外壁材(サイディング等)を施工します。

屋根断熱施工工程

  • ①等間隔に、垂木をかけていきます。

  • ②断熱材の押出法ポリスチレンフォーム(3種)をバス板の上に施工していきます。

  • ③断熱材の押出法ポリスチレンフォーム(3種)を施工し、貼り終えたら、貼り合わせた部分に黒い気密テープを貼り気密を確保します。

  • ④さらに、二層目の垂木をかけていき、アウターサーキットを確保します。その上から、構造用合板を施工します。

  • ⑤二層目の防水を確保するため、ふたたび、アスファルトルーフィングで覆います。

  • ⑥最後に、化粧となる屋根材(瓦・スレート等)を施工します。

ソーラーサーキットの特徴

  • 通気部材

    ソーラーサーキットの家には指定部材があります。冬は、小屋裏ファンをオフにし、床下のダンパーを閉めることで、高気密・高断熱の家になり、室内の保温性を高めています。夏は、小屋裏ファンをオンにし、床下のダンパーを開けることで、熱気や湿気を排出して、涼しい環境を生み出します。

  • 建物を支える基礎

    「外断熱・二重通気工法」では、「SCベース」と呼ばれる基礎の形式を用います。一般的な在来工法に見られる基礎と違って、太い“地中梁”と円柱の“SCポスト”が特徴です。

  • シロアリ対策

    従来の薬剤措置とは全く違う“ターミメッシュフォームシステム”を採用。薬剤を一切使用しない、ステンレスメッシュで物理的にシロアリの侵入を防ぐ工法なので、人にも環境にもやさしい防蟻措置です。

  • 高気密な空間

    「気密」とは、密閉した気体が外部に洩れない状態のことで、この性質が高いと「高気密」だと言えます。「高気密」と「高断熱」を併用することが、室内の住みよい温熱環境を保つことにつながります。

  • 24時間換気システム

    24時間換気が義務化され、高気密な住宅では“システム換気”が主流となりました。当社では、省エネとコストの面から、“排気型集中換気システム”を採用しています。高気密な住宅だからこそ計画的な換気が活かされ、室内のエアコン等の効率も良くなります。

  • 高性能樹脂サッシ

    樹脂の熱伝導率は、アルミニウムの約1000分の1であることをご存知ですか?一般的なアルミサッシは熱を伝え易く、冬場は外気と内気との温度差で結露が生じてしまいます。断熱性・気密性・防露性・遮音性を備えた高性能樹脂サッシがこれからの窓のカタチです。

  • 蓄熱式電気暖房器

    燃焼による空気の汚れが少ない“蓄熱式電気暖房器”は、高気密住宅に適した暖房器具です。自然対流とふく射熱による暖房で、“じんわりあったか”新鮮な空気環境を保ちます。赤ちゃんやお年寄りの方がお住まいのご家庭でも安心してご使用頂けます。

古くからの日本の「やわらかい暮らし」始めませんか。】ソーラーサーキットの家 施工事例ギャラリー